物理講義室・改Ⅱ

日記や趣味の数学・物理・電子工作の紹介をしています。

RSSフィード

リンク集

このブログをリンクに追加する

ブログランキングなど

FC2ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

管理人GJ!ってときはクリックヨロです.

プロフィール

のまネコ(量産型)

Author:のまネコ(量産型)
理工学研究科 物理専攻
専攻:物性理論物理学 (卒業)

現在: 半導体メーカー勤務

Lecture Notes
↑今までに管理人が書いてきたテキスト
(量子力学や複素関数論など)をPDFでアップしてます

カテゴリー

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

    スポンサーサイト

    --/--/--(--) --:--:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告

    大人の科学マガジン(4bitマイコン)[その2]

    2011/01/23(日) 00:25:01

                 「明日はT/Oだ。"終わりません"じゃすまないんだぞ。」
                          ~隣の課の主任~

    分かってますって…OTL

    更新が滞ってしまいましたね。
    先週は、開発中の製品の納期が急に短くなって深夜残業三昧でした。
    おかげで電子工作どころではなかったですよ…。

    大人の科学のキットも今日少しいじっていたのですが、状況を報告しにくいですね。
    とりあえず、組み立てたあとのキットはこんな感じです。
    test 006
    まぁ、まだサンプルプログラムでLEDや7セグメントを表示させただけなんですが…

    スペック的には、39byteのRAMをもっておりアセンブラでプログラムを組むことができます。
    たとえば…

    (永久に15秒をカウントし続けるカウンタ)
    TIY   //1→Yレジスタ
    TIA 9  //9→Aレジスタ
    CAL   //Aレジスタの指定だけ処理町待ち
    TIMR
    CY    //AレジスタとYレジスタを入れ替える
    AO    //Aレジスタの値を7セグへ表示
    CY    //AレジスタとYレジスタを入れ替える
    AIY 1  //Yレジスタの値をインクリメント(桁上がりした場合実行フラグ:1)
    JUMP 13    //13番地へ飛ぶ(実行フラグ:0)
    JUMP 02    //02番地へ飛ぶ(実行フラグ:1)
    JUMP 00    //00番地へ飛ぶ(繰り返し)

    のようなカウンタを作ることもできます。
    会社でも実機評価でアセンブラをくんでいるのですが、命令コードが全くことなりますね。
    これは、アセンブラが低級言語であり、アーキテクチャに依存するためなのです。

    まぁ、今は自分がやっている実機評価でもしない限りアセンブラなどつかわないでしょうね。
    C言語とかの上級言語の方がよっぽど使いやすいですし…。

    ということで、今日はこのあたりでノシ
    (次の更新は大人の科学じゃなくて違うネタをもってくるかもです。進捗が書きづらい…)
    スポンサーサイト
    電子工作TB:0CM:1
    << 近況ホーム全記事一覧大人の科学マガジン(4bitマイコン)[その1] >>

    コメント
    承認待ちコメント
    このコメントは管理者の承認待ちです
    #|2011/02/24(木) 23:03 [ 編集 ]
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shrcat.blog91.fc2.com/tb.php/153-34ae7cc6

    Copyright(C) 2006 物理講義室・改Ⅱ All Rights Reserved.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。